ハイドロキノンとは、肌の漂白剤とも呼ばれ、美白効果の高い成分として知られており、シミに悩んでいる人なら名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、ハイドロキノンの効果や適切な使い方について調べてみましたので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

ハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンが高い美白効果を示す理由は、還元作用によるもので、もともとは美白のためではなく、写真の現像やゴムの酸化防止剤として利用されていました。

その後、写真の現像をしていた人の手が白くなることが着目され、色素沈着の治療薬として使用されるようになりました。

ハイドロキノンは、すでにあるシミを還元作用によって薄くするほか、シミの原因となるメラニンを生成するメラノサイトという色素細胞の数を減少させたり、メラニンを生成を助けるチロシナーゼという酵素の働きを阻害して、シミを予防する働きもあります。

シミを薄くしたり、シミを予防する美白成分として、ビタミンC誘導体やプラセンタなどが知られていますが、ハイドロキノンはこれらの成分の10~100倍もの美白効果があると言われています。ハイドロキノンには、このように強力な美白効果がありますが、その分副作用も確認されています。

使い方を誤ると、皮膚が炎症や肌荒れを起こしたり、新しいシミを作ってしまったりと副作用が発生しやすくなりますから、正しい使用方法を守ることが大切です。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは、強力な美白効果があり、軟膏やクリームの形状で製品化されているため、スキンケア感覚で治療することができます。

しかし、肌への刺激が強く、成分が不安定で酸化しやすいため、使用方法や取り扱いには注意が必要ですから、リスクや副作用を事前に確認した上で使用しましょう。

肌の赤みや炎症、肌荒れ

人によっては、肌質に合わず、ハイドロキノンを塗った部分が肌荒れして、赤くヒリヒリすることがあります。使用する前にパッチテストを行い、赤みや炎症などの異常が見られた場合は皮膚科で相談しましょう。

また、ハイドロキノンは酸化してできるベンゾキノンという物質は毒性が強く、肌質に関わらず、肌に炎症などのダメージを与えます。

ハイドロキノンは不安定で酸化しやすいため、使用期限の過ぎたものや、茶色く変色したものは使用しないようにしましょう。

長期の使用による白斑の発生

高濃度ハイドロキノンを1年以上の長期に渡って使用した際に、メラニンを生成できなくなった皮膚で、部分的に色が抜けた白斑の症状が起こる可能性があります。

一般的に使用される濃度が5%以下のハイドロキノンクリームや軟膏であれば、このような症状は報告されていません。

過去にハイドロキノンベンジルエーテルという成分が美白のために使用された際に、白斑が多発したというトラブルがありましたが、ハイドロキノンとハイドロキノンベンジルエーテルは別の物質で、現在は厚生労働省によりハイドロキノンベンジルエーテルの使用は規制されています。

紫外線によるダメージを受けやすい

ハイドロキノンを塗った部分に紫外線が当たると、炎症や色素沈着などのトラブルが発生しやすくなります。

美容分野において、メラニンはシミの原因として嫌われていますが、実は紫外線を吸収する働きがあり、細胞を紫外線による損傷から守るという重要な役割があります。

しかし、ハイドロキノンを塗った部分は、メラニンが作られないため、紫外線の影響を強く受けてしまいます。すると炎症やかゆみが発生したり、将来シミができやすくなるため、ハイドロキノンを塗った部分には、徹底した日焼け対策が必要です。

ハイドロキノンの使い方

ハイドロキノンは、使い方を誤ると、肌荒れなどの副作用が発生するリスクが高まりますから、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で処方してもらい、医師の指示に従って使用するのがよいでしょう。

一般的には、化粧水などで肌を整えたあと、1日1~3回シミやそばかすが気になる部分に塗布します。

ハイドロキノンを塗った後に、紫外線に当たる可能性がある場合は、SPF30、PA++以上の日焼け止めを上から塗るようにし、外出する際は、帽子や日傘などで日焼け対策を徹底しましょう。

トレチノインなど他の美白化粧品や治療薬を同時に使用している場合は、ハイドロキノンを塗った部分を避けるか、同時に使用してもよいか医師に相談してから使用しましょう。

まとめ

ハイドロキノンは強い還元作用があり、シミの原因となるメラニンを淡色化して、シミを薄くする効果が知られています。また、メラニンの生成を阻害して、シミを予防する働きがあり、高い美白効果が期待できます。

ただし、肌への刺激が強いため、肌質によっては炎症や肌荒れなどの副作用が報告されています。美白に用いる際は、塗布した後は紫外線対策を徹底することや、使用期限内に使うことなどに注意し、処方された皮膚科の医師の指示に従って使用しましょう。