皮膚科や美容クリニックのレーザー治療でほくろを除去すると、治療した部分が傷口のようになり、もとの皮膚が再生するのに10日間程度かかります。

この期間をダウンタイムと呼び、ダウンタイム中は絆創膏や医療用テープを貼るなどして患部を保護する必要がありますが、レーザーでのほくろ除去を検討している人の中には、絆創膏を貼った部分が目立つのではと気になって、治療を受けるか迷っているという人もいるかもしれません。

そこで、この記事では、レーザー治療後の経過やダウンタイム中の気になる点について調べてみましたので、参考にしてみてください。

レーザーによるほくろ除去治療後のダウンタイムの様子

ほくろ除去治療のダウンタイム中に、気になる点についてまとめてみました。

腫れや赤みがある?

レーザー治療後すぐは、患部に腫れや赤みが起こることがあります。ほくろ除去に広く用いられる炭酸ガスレーザーは、細胞に含まれる水分に反応して熱エネルギーに変換され、瞬間的に患部を蒸発させることでほくろのある部分の皮膚を切除します。

熱エネルギーを使用しているため、除去した部分だけでなく、周辺の細胞にも熱が伝わるため、やけどのような腫れや赤みが生じますが、経過が順調であれば数日のうちに治まります。

レーザーを照射した部分は徐々にかさぶたになり、2週間ほどでかさぶたが自然に剥がれて新しい皮膚が現れます。新しい皮膚は少々赤みを帯びている場合がありますが、皮膚の新陳代謝とともに数か月のうちにだんだんと薄くなります。

再生したばかりの皮膚は、日焼けするとシミが残りやすいので、紫外線対策を入念に行いましょう。

治療跡が目立って周りの人にバレる?

レーザー照射直後は、治療した部分がじゅくじゅくした生傷のようになっているため、治療後から約2週間程度、絆創膏や医療用保護テープなどによって傷口を保護します。

治療部分が顔など人目につきやすい部位にあると、絆創膏を貼っているときに目立つのではないかと思うかもしれませんが、患部に貼る絆創膏は除去したほくろが隠れる程度のサイズであれば十分なので、一般的な傷に貼る絆創膏よりは目立ちません。

それでも人目が気になる人は、ダウンタイム中に大き目のマスクやサングラスなどを着用して隠すとよいでしょう。また、医療機関によっては、透明でほとんど目立たないテープや、傷に直接乗せて隠すことのできる医療用ファンデーションを扱っているところもありますから、治療を受けたい病院に問い合わせてみましょう。

入院の必要はない?

レーザーによるほくろ除去治療は、麻酔を使った治療ですから、治療開始から終了までに数日かかったり、入院が必要なのではないかと心配な人もいるかもしれませんが、基本的にレーザー治療の施術自体は数十分で終わるため、入院の必要はありません。

レーザー治療に用いられる麻酔は局所麻酔で、他の部位への麻痺は起こらないため、施術終了後に自分の足で歩いて帰ることができます。
施術後は治療した部分に塗る軟膏やクリームが処方され、自分でケアすることになります。

アフターフォローのために複数回の通院が必要な医院もありますが、施術当日の1日のみの通院で治療が完了する場合もあります。

保護テープやマスクをする期間

レーザー治療後は、治療部分のじゅくじゅくした傷を保護するため、絆創膏や医療用保護テープを10日間から2週間程度貼っておく必要があります。

病院の治療方針によって前後しますが、傷口がかさぶたとなり新しい皮膚ができあがるまで保護テープを貼っておくよう指示されることが多いようです。

また、再生されたばかりの皮膚は、刺激に敏感であるため、傷をよりきれいに治したい場合は、さらに1か月ほど保護テープを貼り続ける場合もあります。

保護テープを貼ることで、色素沈着や傷跡が膨らむのを防ぐ効果が期待できますが、顔にテープを貼って外出するのに抵抗がある場合は、紫外線予防効果も兼ねてマスクをするとよいでしょう。

絆創膏や保護テープの上からメイクしてもよい?

レーザー治療後は、病院から処方される絆創膏や医療用保護テープを患部に貼って保護しますが、絆創膏や保護テープの上からメイクできる場合がほとんどです。

テープの上からメイクをすることで、テープを貼った部分が目立つのを防ぐことができ、透明のテープの上から肌の色と同じファンデーションを乗せると、ほとんど境目がわからなくなります。

ただし、肌色の絆創膏だとファンデーションを乗せると逆に目立ってしまうことがあるようです。

クレンジングや洗顔も、絆創膏や保護テープの上から可能ですが、治療した部分を刺激しないよう、強い摩擦は避けましょう。

まとめ

レーザー照射によってほくろを除去した部分は、治療直後はじゅくじゅくした生傷のようになっているため、絆創膏や医療用保護テープを貼って皮膚の再生を促します。

テープを貼る期間は、10日から1週間程度ですが、多くの場合、テープの上からメイクすることができるので、ほとんど目立たないと考えてよいでしょう。

レーザーによるほくろ除去治療は、数十分の施術で済み、入院の必要はありませんが、処方される軟膏やクリームなどで、自宅でアフターケアをする必要があります。