毎日顔を鏡を見る度に、このほくろさえなければ、もっと印象が変わるのに、とがっかりしていませんか。ほくろを除去するには医療機関でレーザー治療を受けるのが、現在では最も安全で確実な方法ですが、時間や費用などの問題で、自分でほくろを取りたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

さて、インターネットで検索すると、自宅でセルフケアによるほくろ除去方法として、ケシミンクリームが有効であるという説をいくつか見かけます。ケシミンクリームと言えば、その名前の通り、シミを除去するためのクリームですが、ほくろにも効果があるのでしょうか。

そこで、この記事では、ケシミンクリームの特徴や、ほくろ除去に対する有効性について調べてみました。

ケシミンクリームの特徴

配合成分や特徴

ケシミンクリームは、小林製薬から開発されたシミ取りクリームで、美白成分としてビタミンC誘導体を配合し、医薬部外品として認定されています。医薬部外品とは、厚生労働省が認可した成分を配合しており、一定の効果が認められた製品です。

ビタミンC誘導体とは、壊れやすく不安定なビタミンCを、人工的に安定化して肌に浸透しやすくした成分で、ビタミンCと同様に、シミの原因となるメラニンの生成を阻害したり、作られたメラニンを還元して淡色化することで、シミを予防したり薄くする効果が期待できます。

このほかに、漢方薬として知られる甘草に含まれる成分から作られるグリチルレチン酸ステアリルや、ビタミンEの誘導体であるトコフェロール酢酸エステルが有効成分として配合されており、肌荒れやニキビを防ぐ効能があります。

ケシミンクリームの本来の使い方

製品の説明によると、化粧水や乳液で肌を整えたあと、シミが気になる部分になじませるようにぬります。同じシリーズのケシミン浸透化粧水やケシミン密封乳液と合わせて使用するとより効果的でしょう。

朝夜ともに使用できますが、皮膚の新陳代謝が活発になる夜のほうが、より効果的ということです。

ケシミンクリームでほくろは消える?薄くなる?

ほくろ除去効果は期待できない

ケシミンクリームの口コミを調べると、シミが薄くなったり、シミの再発が抑えられるなどの効果を感じる人も少なからずいるようですが、ほくろに使用した人の体験談によると、ケシミンクリームでほくろを除去したり、小さくすることは難しいようです。

ただし、小さなほくろや、もともと色の薄いほくろに使用した人の中には、ほくろが薄く目立たなくなるなどの効果を感じる人もいるようです。

ケシミンクリームがほくろ除去に有効でない理由

ケシミンクリームがほくろに有効でない大きな理由は、シミとほくろの構造の違いによるものです。

両方ともメラニンが原因ですが、シミがメラニンが部分的に多量に存在している状態なのに対して、ほくろはメラニンのほか、母斑細胞という色素を生産する細胞が集まった状態であるため、シミよりもメラニンが多く消えにくいのです。

また、多くのシミは、皮膚表面の角質層にメラニンが分布しているのに対して、ほくろの中には、皮膚の表面にあるように見えても、メラニンは皮膚の深い部分に点在している場合があり、このようなほくろには、ケシミンクリームの有効成分が浸透しないため、効果が期待できません。

このようなほくろは母斑細胞が増殖し、重なり合って層を形成しています。増殖していく過程で、皮膚の表面ではなく、深い部分に向かって増えていくものもあり、除去するには、美容クリニックなどで、炭酸ガスレーザーで削り取る治療が適しています。

ほくろ除去に効果のあるクリームはある?

シミ取りクリームはシミを対象としているため、基本的にはほくろ除去の効果は期待できません。ほくろを人工的に除去するには、美容クリニックで炭酸ガスレーザー等による治療を受けるのが確実ですが、自分で除去したい人に向けて、ほくろ除去クリームという製品があります。

ほとんどのものが海外製で、店舗ではなくネット通販による販売であるため、使用後にトラブルがあっても返金や保障を受けることが難しいため注意が必要ですが、どうしても試してみたいという人は、製品のwebサイトや使用した人の体験などを調べて検討してみましょう。

まとめ

ケシミンクリームはシミの除去に向けた製品であるため、基本的にはほくろ除去効果は期待できません。これは、シミとほくろの構造の違いによるもので、シミがメラニンが角質層に分布した状態であるのに対して、ほくろはメラニンとメラニンを作る母斑細胞が角質層や真皮に分布しているためです。

ケシミンクリームの特徴は、皮膚の角質層に浸透してメラニンを薄くするというものですから、ほくろの母斑細胞を除去したり、皮膚の深い部分にあるメラニンの淡色化は難しいでしょう。

どうしても自宅でほくろを除去したい場合、シミ取りクリームではなく、ほくろ除去クリームという製品が、ネット通販などで販売されていますから調べてみましょう。