ニキビができると、炎症になって赤く腫れたり、膿が溜まって盛り上がったりするので、人の目が気になって症状が収まるまで憂鬱な気分になる人は多いと思います。

さらに、ニキビの症状が落ち着いた後も、ニキビがあった場所にシミのような色素沈着が起こることがあります。そこで、このようなシミを防ぐ対策や、すでにできてしまったニキビ跡によるシミを薄くする方法について調べてみました。

ニキビ跡がシミになる原因

ニキビができた跡にできる茶色いシミは、ニキビの炎症に対する防御反応のために、皮膚がメラニンを生成することで発生します。ニキビで炎症が起こると、肌はアクネ菌などの雑菌の侵入を防ぐために、活性酸素を発生させますが、活性酸素は雑菌と同時に皮膚の細胞も攻撃してしまいます。

すると、メラニンを作るメラノサイトという細胞が刺激を受けて、メラニンを生成し、皮膚表面の角質層に輸送されて茶色いシミになります。

肌のターンオーバーが正常であれば、メラニンは古い角質と共に少しずつ剥がれ落ちるので、だんだんとシミは薄くなりますが、新陳代謝の衰えなどで古い角質が残ってしまったり、ニキビの炎症後に、日焼けをするなど更なるダメージを受けて多量のメラニンが生成されると、ターンオーバーによる排出が間に合わず、色素沈着が起こります。

また、炎症がひどい場合は、皮膚の深部にまでメラニンが沈着し、しつこく残るシミになります。

ニキビの跡に赤色や紫色の色素沈着が発生することがありますが、これらは茶色のシミと異なり、自然に消えやすいシミです。

赤色や紫色に見えるシミは、ニキビで炎症が起こった際に、毛穴周辺の毛細血管が破裂して、皮下の毛細血管からにじみ出た血液が皮膚の真皮にしみこんで内出血になったものです。

このとき、皮膚の浅い部分の内出血は赤く見え、深い部分では紫色や青色に見えます。血液中のヘモグロビンが皮膚に透けて赤色や紫色を呈しますが、時間が経過すると、ヘモグロビンは、緑色のヘモジデリン、黄緑色のヘマトイジンと変化し、ニキビ跡は黄色っぽくなり自然に消えてしまいます。

ニキビの色素沈着を予防するには

ニキビ跡の茶色いシミを予防するためには、まずニキビの炎症を悪化させないようにすることが大切です。炎症を起こしていない軽度のニキビなら、自然に治ってしまう場合が多いのですが、毛穴の奥でアクネ菌などの雑菌が繁殖し、炎症を起こすと、皮膚の深部の層が傷ついて色素沈着が起こりやすくなります。

そこで、ニキビ跡の色素沈着を防ぐには、以下の点に注意しましょう。

ニキビを触らない

顔の目立つ部分にニキビができると、気になってつい触りたくなるかもしれませんが、炎症によるダメージを受けた肌に刺激を与えると、悪化する可能性があるので、痛みやかゆみが気になっても触らないようにしましょう。

また、手で触らなくても、髪が触れたり、マスクの摩擦でも刺激になることがありますから、注意しましょう。

メイクのときは、できるだけニキビ部分は避け、どうしてもニキビ部分を隠したい場合は、油分の少ないフェイスパウダーを軽く乗せる程度にしましょう。

刺激の少ない方法で洗顔する

ニキビの原因は、過剰に分泌された皮脂であると言われていますが、皮脂を除去したいからといって頻繁に洗顔すると、ニキビが悪化する恐れがあります。

洗顔によって皮脂が取り除かれた状態が続くと、乾燥を防ぐためにさらに皮脂の分泌が過剰になったり、乾燥によって角質が硬くなり、毛穴が細くなって詰まりやすくなるなどの悪影響が考えられるため、ニキビがあっても洗顔は朝と晩の2回以内にしましょう。

また、洗顔の際もなるべくニキビに摩擦を与えないように、泡立てネットなどで十分に泡立てた洗顔料で、優しく包むようにあらい、熱いお湯ではなく水かぬるま湯で丁寧にすすぎましょう。

ニキビをつぶさない

毛穴の奥に膿がたまったニキビを見ると、ついつぶしたくなるかもしれませんが、つぶした後のケアが不十分だと炎症が悪化して色素沈着を起こすことがあります。

皮膚科などの医療機関では、炎症が落ち着いたタイミングで専用の器具を用いて膿を押し出し、抗生剤を塗布するといった治療が行われますが、素人には難しいので医療機関を受診しましょう。

紫外線対策の徹底

ニキビによる炎症で、皮膚が刺激に敏感になっているときに、紫外線に当たると、皮膚の防御反応が強く働き、メラニンが作られやすくなります。

外出しないときでも、窓ガラスを通して紫外線を浴びることがありますから、普段から日焼け止めをきちんと塗って対策をしておきましょう。

夏場に長時間屋外に出るのではなく、普段使いの日焼け止めならば、SPF20程度で十分です。また、肌に負担をかけないよう紫外線吸収剤を使用していないものがおすすめです。

ニキビ跡のシミを目立たなくする方法

できてしまったニキビ跡によるシミを目立たなくするには、美白化粧品などによるセルフケアのほか、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関で治療することができます。

美白化粧品によるケア

ニキビ跡によるシミはメラニンの蓄積が原因なので、メラニンを薄くする作用があるビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分が配合された化粧品でケアすることで、シミを薄くする効果が期待できます。

また、古い角質を人工的に取り除くピーリングによって、肌のターンオーバーを促進することも、メラニンの排出に役立ちます。フルーツ酸やサリチル酸などのピーリング成分を含んだケア製品が市販されていますので、試してみてもよいでしょう。

ただし、頻繁に使いすぎると、必要な角質まで除去されて、肌のバリア機能が低下するなどの危険がありますから、注意しましょう。

皮膚科での治療

皮膚科や美容クリニックなどの医療機関では、ニキビ跡のシミ治療として、ハイドロキノンやトレチノインといった軟膏・クリームが処方されます。。このほかにレーザー治療やケミカルピーリングなどの治療を行っているところもありますので、肌の状態や予算、治療期間などの希望に合わせて医師と相談するとよいでしょう。

まとめ

ニキビの炎症が続くと、皮膚の防御反応によって、メラニンが作られ、シミのような色素沈着が発生します。ニキビによるシミを防止するには、ニキビに刺激を与えないようにケアして、炎症が悪化する前に治すことが大切です。

すでにできてしまったニキビ跡のシミを薄くするには、肌のターンオーバーを促進してメラニンの排出を促す、美白化粧品やピーリング剤によるセルフケアのほか、皮膚科で治療を受けることもできます。