「シミが年々と増えてしまって、鏡を見るたびに辛いと感じる・・・」
「日焼け対策しているのに、顔にシミが出来るのは何故・・・

美白のために日焼けしないよう気をつけているのに、なぜかシミができてしまってがっかりしたことはありませんか。
顔にできるシミは日焼けだけでなく、実は様々な要因によって引き起こされます。

この記事ではシミができる仕組みやシミの生成を促進してしまう要因について紹介しています。
今以上にシミが増えないためにも、今の自分の生活を振り返って当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

シミの一番の原因は紫外線

加齢や日焼け後によく見られる褐色のシミは、皮膚の表皮部分に蓄積したメラニンによるもので、老人性色素斑と呼ばれます。
皮膚でメラニンが作られる一番の原因が紫外線であると言われています。
日焼けした小麦色の肌は健康的に見えるかもしれませんが、紫外線を多量に浴びると、皮膚の乾燥や、弾力が低下してシワが発生するなどの悪影響があります。
さらに美容面だけでなく、健康にも害を及ぼし、細胞内のDNAを傷つけて、がんなどの病気の原因にもなります。

このような紫外線のダメージを軽減するのがメラニンという色素です。
紫外線の照射を受けると、皮膚の深部の基底層という部分で、メラニン色素が生成され、これが表皮部分まで受け渡されることで紫外線から細胞を守っているのです。

一時的に多量に作られたメラニンは、ずっと肌に留まっているわけではなく、皮膚の細胞の新陳代謝であるターンオーバーによって、他の細胞とともに剥がれ落ちます。
しかし加齢やストレスなどの影響により、皮膚の新陳代謝が停滞すると、ターンオーバーの周期が乱れてメラニンが排出されずに皮膚に残ってしまって、褐色のシミになってしまいます。

シミができやすくなる紫外線以外の原因

上の項目で述べたように、シミの発生には、メラニンが生成されることと、生成されたメラニンが新陳代謝の低下によって肌に留まることが大きな要因です。
メラニンが生成される主な原因は紫外線ですが、新陳代謝の低下には以下のような様々な要因が関わっています。

老化

新陳代謝が低下する主な原因の一つに加齢が挙げられます。
これは、新陳代謝には成長ホルモンが不可欠であると言われているためです。
成長ホルモンというと、その名前の印象から成長期である子どものうちだけ分泌されるものというイメージがあるかもしれません。
しかし成人してからも、量は低下しますが一定量分泌されており、筋肉や骨の形成を助けたり、新陳代謝を促すなどの重要な働きがあります。
年を重ねると、新陳代謝が衰えるのは、この成長ホルモンの分泌量が低下することが要因です。

ストレス、睡眠不足など生活習慣の乱れ

普段は特に肌の不調を感じていなくても、仕事などで強くストレスを感じることがあったり、睡眠不足や食生活の乱れなど、生活習慣の変化によって、一時的に新陳代謝が低下してシミができることがあります。
過度なストレスで緊張が長く続くと、交感神経が優位な状態になり成長ホルモンの分泌が妨げられたり、血行不良が起こって、新陳代謝が低下します。
また、成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されるので、睡眠不足も新陳代謝を妨げる要因の一つです。
さらに新陳代謝には、ビタミンAやビタミンB群、ビタミンCやアミノ酸などの栄養素によって促進されるため、野菜や果物、肉や魚をバランスよく摂ることが大切です。

血行不良

新陳代謝は、各組織に流れる血液の量にも影響を受け、血流が少ないと細胞に必要な栄養が届かないため新陳代謝が低下します。
冷え性や運動不足などで、体の血流が滞ると、皮膚など体の末端部分の血流が低下しやすくなります。
また、タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させるた血流が低下して血行不良を起こしてしまいます。
タバコの影響として、血流低下の他にも、細胞の老化の原因となる活性酸素や、シミの原因であるメラニンの生成を促進させることも知られています。

老人性色素斑以外の種類のシミ

一般的に多く見られるシミは、紫外線が原因でメラニンが生成されて発生する老人性色素斑が主なものですが、シミの種類によっては、下記に挙げるような紫外線以外が原因のものもあります。

炎症後色素沈着

繰り返しできるニキビや、虫刺され、やけどやすり傷などによって炎症が起こった後に、色素沈着して褐色のシミができることがあります。
たいていの場合は時間の経過とともに自然と消えることが多いのですが、早く消したい場合は、老人性色素斑の場合と同様、新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを活発にさせるとよいでしょう。
また、炎症部分の乾燥や摩擦、紫外線の照射を避けることも、炎症後色素沈着を防ぐのに効果的だと考えられます。

肝斑

30~40歳代の女性に多く見られる症状で、薄い褐色のシミが頬骨に沿って左右対照に現れるという特徴があります。
妊娠や経口避妊薬の服用で発生することあるので、女性ホルモンが関わっていると言われていますが、原因がはっきりしません。
トラネキサム酸などの薬の服用で治療を行うことができるほか、閉経によって薄くなる場合も多いようです。

まとめ

シミとして一般的に多く見られる老人性色素斑は、紫外線を浴びたことによってメラニンが生成されると共に、皮膚のターンオーバーが滞って表皮に蓄積してしまうことで発生します。
メラニンが生成される主な原因は紫外線ですが、新陳代謝が低下してターンオーバーが乱れる原因は、老化や生活習慣、血行不良など様々な要因があります。
シミの種類には、紫外線が主な原因となる老人性色素斑のほか、ニキビやすり傷の跡にできる炎症後色素斑や、女性ホルモンが関わっているとされる肝斑などがあります。