加齢などのために現れる褐色のシミは、老人性色素斑と呼ばれ、主に紫外線を浴びたことが引き金となってメラニンが生成されたために生じるものです。

スキンケアに気を遣っている人なら、紫外線対策には特に注意していると思いますが、正しい方法でケアできているかどうか、今一度確認してみましょう。

紫外線対策が重要な理由とは

肌にできるシミやシワというと、年を取ると自然にできるものという印象がありますが、実は皮膚に起こる老化の原因の80%は紫外線の影響によるもので、自然老化は20%程度に過ぎません。

紫外線の影響によって起こる老化を光老化と呼び、紫外線に対する防御反応によって皮膚が変化する状態です。日焼けによるシミやソバカスのほか、角質が厚くなって深いシワができたり、水分量が減って肌色がくすんで見えたりすることも光老化による症状です。

子どもや若い人は、日焼けをしても新陳代謝が活発であるため、すぐに肌の色が元通りになることから、日焼けをしても問題ないと考えてしまうかもしれません。

しかし、光老化の症状は、過去に浴びた紫外線量の積み重ねが、数十年後にシミやシワとなって現れることがあるため、年齢に関わらず、紫外線対策が必要です。

肌の老化の原因となる紫外線の種類

紫外線は波長によって3種類に分類され、波長が長い順にUV-A、UV-B、UV-Cと呼ばれます。波長が短いほどエネルギーが高く、肌に与える影響は強くなりますが、最も波長の短いUV-Cはオゾン層によって遮られるため、地球上にはほとんど届きません。

波長の長いUV-Aは、皮膚の表皮を通り抜け真皮にまで到達し、シミの原因となるメラニンの生成量を増やしたり、真皮にあるコラーゲンやエラスチンを変性させて、シワを発生させるほか、肌の保湿機能を低下させたりします。

UV-Aは紫外線の中でも比較的エネルギーが弱い光ですが、地上に届く紫外線のうち約95%がUV-Aで、光老化の原因の多くはUV-Aによるものと言われています。

UV-Bは真皮には直接影響を与えませんが、肌表面を赤く炎症させたり、水ぶくれなどの日焼けの症状を発生させます。
また、コラーゲン繊維を破壊するコラゲナーゼという酵素の働きを活性化させるので、シワが発生する原因にもなります。

日焼け止めによるシミ予防

紫外線対策として、まず一番に思いつくのが肌に直接塗る日焼け止めではないでしょうか。日焼け止めを選ぶ際に、注目したいのがPAやSPFと言った数値です。

PAはProtection Grade of UVAの略で、UV-Aの防御効果を示し、+の数が多いほど効果が高いことを表しています。

SPFはSun Protection Factorの略で、UV-Bに対する防御効果を示しており、数値が高いほど日焼けを防ぐことができる時間が長いことを表しています。

人の肌がUV-Bの影響を受けるまでに20分かかることから、SPFが15なら15×20分で300分、つまり5時間日焼けを防ぐことができるという意味です。

シミ予防のために、数値の高い日焼け止めを選びたくなるかもしれませんが、PAやSPFの数値が高い日焼け止めは、肌に負担のかかる紫外線吸収剤が含まれていることがあるので、使用する目的に応じて使い分けるのがおすすめです。

日常生活ならばPA+か++、SPF20程度のもので十分カバーすることができます。炎天下のレジャーやマリンスポーツではPA+++以上、SPF50程度のものがよいでしょう。

日焼け止めは高い数値のものを使用するよりも、こまめに塗り直すことが大切です。

入念に日焼け止めを塗っても、時間が経つと、衣服でこすれたり汗で流れ落ちたりするので、2~3時間に一度塗り直すと効果を持続させることができます。

化粧品によるシミ予防

日焼け止めを塗るだけでなく、毎日メイクをするときに使う化粧品でも、紫外線対策やシミ予防に役立てることができます。
化粧下地やファンデーションに日焼け防止効果が付加されているものもあるので、取り入れてもよいでしょう。

さて、日焼け止めを使う際に、他の化粧品との順番をどのようにすればよいか気になっている人も多いのではないでしょうか。
一般的には、化粧水や乳液などで肌を整えた後、日焼け止めを塗ってから化粧下地を塗るのがよいようです。

これは、化粧下地には、ファンデーションを密着させる役割があるため、化粧下地の上から日焼け止めを塗ってしまうと、化粧下地を塗る意味がなくなってしまうためです。

最近では、紫外線をカットする効果を付加した様々な化粧品が販売されており、日焼け止め効果のある化粧下地や、反対に化粧下地としても使用できる日焼け止めなどがあります。

ただし、化粧下地効果のある日焼け止めは、化粧下地としての役割がメインであるため、日焼け止め効果が十分でない場合があります。

日常生活程度であれば問題ないかもしれませんが、屋外に出る機会が多い場合は、きちんと日焼け止めと化粧下地の両方を使用しましょう。

外出時はサングラスを使用する

日焼け止めなどを塗って紫外線対策をしている人は多いと思いますが、シミ予防のためには、サングラスなどで目の日焼けにも注意しましょう。

サングラスなんて大げさに感じるかもしれませんが、角膜が日焼けすると、脳からメラニンを作るよう皮膚の細胞に指令が出され、シミができる原因となります。

また、目に紫外線が照射されると、目の充血やドライアイ、白内障などのリスクが高まることが知られていますから、シミだけでなく、眼病予防のためにも、サングラスなどを利用して目に入る紫外線量をなるべく減らしましょう。

まとめ

シミやシワなどで見られる老化の原因の80%は、過去に浴びた紫外線によるものであるため、年齢を問わず紫外線対策が必要です。

日焼け止めクリームは、PAやSPFなどの数値を参考に、目的に合ったものを選び、日焼け止め効果のある化粧品と併用するとさらに効果的です。

紫外線は肌だけでなく、目に入ることでもメラニンを生産する原因となりますから、サングラスなども用いて対策しましょう。