美容クリニックなどの医療機関で行われる、顔のシミ取りレーザー治療は一度の治療で確実な効果があると言われており、長年シミに悩んでいる人の中には、治療を検討している人も多いのではないでしょうか。

さて、シミの原因として代表的なものに紫外線によるダメージがありますが、季節によって紫外線の量は変化するため、シミのできやすさも季節によって異なると言われています。

これに合わせて、シミのできやすい季節には、スキンケアを入念に行うなど対策を行っている人もいるかもしれませんが、シミ取りレーザー治療を受けるタイミングにも最適な時期というものがあるのかどうか調べてみました。

シミ取りレーザー治療に適した季節について

基本的にシミ取りレーザー治療は季節を問わず受けることができますが、アフターケアの手間などを考慮すると、紫外線量の少ない冬の時期が適していると言われています。

シミ取りレーザー治療では、レーザーを照射すればすぐにシミがなくなるわけではなく、レーザー照射後の紫外線対策が、シミを薄くする効果に大きく影響します。

特にレーザー照射後の肌は、回復途中のために敏感になっており、ちょっとした刺激ですぐに色素沈着を起こすので治療が無駄になってしまわないよう注意が必要です。

色素沈着の原因となる刺激として、代表的なものが紫外線ですから、うっかり日焼けをふせぐためにも、年間で最も紫外線量が少なくなり、外出する機会の減る冬の時期が推奨されます。

また、紫外線対策を行う上で、真夏の外出時のように、強力な日焼け止めクリームを塗ることによる肌への負担を軽減できる点も、冬に治療を受けるメリットです。

ただし、量が少ないとは言え、冬でも紫外線は降り注いでいますから、年間を通した対策が必要です。また、冬は紫外線量が少ないのですが、乾燥しやすい季節ですから、レーザー照射によって敏感になった肌には、一層の保湿対策を行わなければなりません。

夏のシミ取りレーザー治療はアフターケアに注意

シミ取りレーザー治療は照射後の紫外線対策が重要になってくるので、紫外線量の少ない冬に治療を受けるのがおすすめとされていますが、夏など紫外線量が多い時期でも治療を受けられないわけではありません。

ただし冬に比べて紫外線量が多く、うっかり日焼けをしてしまったときに、肌に加わるダメージが強くなってしまいます。レーザー治療の有無にかかわらずシミを予防するには、季節を問わず紫外線対策が必要ですが、夏にシミ取りレーザー治療を行う場合は特に注意が必要です。

また、レーザー治療を受けた後だけでなく、レーザー治療を受ける前の日焼けも避けなければなりません。シミ取りレーザーで一般的に使用されることの多いQスイッチルビーレーザーは、シミの原因となるメラニンの黒い色に吸収される波長の光を照射します。

レーザーの光を吸収したメラニンは熱によるダメージを受けて破壊されますが、メラニンの無い部分の肌は、レーザーに反応しないので、レーザーの影響を受けないというのが、Qスイッチルビーレーザーでのシミ取り治療の仕組みです。

ところが、日焼けによって皮膚のメラニンが増加してしまうと、レーザーを照射したときにシミ以外の部分にも熱が伝わりやすくなり、治療中に痛みを感じやすくなったり、治療後に肌が赤く炎症を起こす可能性が高くなります。

クリニックによっては、日焼けした肌にはレーザー治療を行わない方針のところもありますから、シミ取りレーザー治療を予定している人は、治療の1~2か月前から日焼けしないように気をつけましょう。

レーザー照射後の日焼け対策

シミ取りレーザー照射直後は、患部が軽い炎症を起こしていたり、水分が蒸発して乾燥気味になっていたりするので、絆創膏や肌色のテープを貼って患部を保護しなければなりません。

しばらくして、かさぶたができて傷痕が落ち着いてきた後も、刺激に敏感になっているため、シミ再発防止のためのケアが必要です。

患部への刺激として避けるべきものに、強くこするなどの摩擦や、肌のバリア機能を低下させる乾燥などがありますが、特に注意しなければならないのが紫外線を当てないようにすることです。

紫外線対策として、まずは日中に日焼け止めクリームを使用しましょう。日焼け防止のためには、SPFの高い日焼け止めクリームを使ったほうがよいように見えますが、レーザー治療後の肌はデリケートですから、SPF30前後のものがよいでしょう。

真夏の屋外スポーツのときなどに使用される、SPF50以上の強力な日焼け止めクリームもありますが、SPF50以上になると皮膚への負担が大きくなりますから、日中外出する程度ならSPF30前後で十分です。日焼け止めクリームを塗る際は、患部に指でのせるようにして、ぐいぐいこすらないようにしましょう。

シミ取りレーザー治療を受けた部分が、顔の中心部や下半分ならば、マスクも紫外線対策として有効です。風邪の予防目的だけでなく、UVカット機能がついているものもありますから、美容グッズとして便利に使えるでしょう。

保湿効果が期待できるほか、レーザー照射直後で患部に絆創膏を貼っているときでも、マスクで隠すことができるという利点もあります。このほかにも、目を紫外線から守るサングラス、車に乗っているときの紫外線対策として、窓に貼るUVカットフィルムなどで対策を行うとよいでしょう。

まとめ

シミ取りレーザー治療は、基本的に年間を通して受けることができますが、紫外線量の少ない冬の時期に受けるのがおすすめと言われています。

レーザー照射後の肌は、刺激に敏感になっているため、紫外線対策を徹底しなければなりませんが、1年で最も紫外線量が少なくなる冬は、外出する機会も少ないため、うっかり日焼けを防ぐことができるためです。

ただし、冬でも紫外線がまったくないわけではありませんから、年間を通して紫外線対策が必要です。基本的にはSPF30前後の日焼け止めクリームを使用し、さらにUVカット機能のついたマスクがあると保湿効果も得られて便利です。