シミ取りレーザー治療を受ければ、確実にシミが除去できると期待していたのに、思うような効果を得られなかったとなると残念ですね。

中には高額な料金を払ったのだから、効果が無いなら返金してほしいと考えている人もいるかもしれません。そこで、シミ取りレーザー治療を受けたのに、シミが取れない場合の対処方法について調べてみました。

シミ取りレーザー治療を受けたのにシミが薄くならない理由

レーザー治療では、美白化粧品などでは対処できないシミも短時間で除去できるとして、人気がありますが、治療後に肌が回復する過程やシミの状態には個人差があり、全てのシミが必ず除去できるというわけではありません。

レーザー治療を行ったのにシミが薄くならないように見える場合には、以下のような要因が考えられます。

炎症後色素沈着

シミ取りレーザー治療後にシミが薄くならない原因として、最もよく見られるのが、戻りジミとも呼ばれる炎症後色素沈着です。ただし、炎症後色素沈着は、皮膚の生理的な反応で、通常1か月から半年以内に自然に消える場合がほとんどですから、特に心配する必要はありません。

レーザー治療後に起こる炎症後色素沈着は、レーザー照射部分が一時的に黒く見える状態で、虫さされや擦り傷の跡がしばらく残ってしまうのと同様の仕組みで発生し、レーザー治療を受けた人のうち約半数に見られる状態です。

半年以上経っても自然に消えない場合は、ハイドロキノンなどの外用薬やレーザーなどで治療ができますから、様子を見て治療を受けたクリニックに相談しましょう。

日焼け・摩擦等日焼け部分へのダメージ

シミ取りレーザー治療でシミが取れない理由の一つに、治療後のケアが適切でなかった場合があります。

シミ取りレーザー治療は、レーザーを照射すれば完了というわけではなく、レーザー照射で破壊されたシミ部分が、新たにシミのない皮膚を形成するまで、余計な刺激を加わらないようケアする必要があります。

一般的には、レーザー照射直後に絆創膏を貼って、患部にかさぶたが形成されるまで保護します。その後はかさぶたが自然に剥がれるまで、紫外線によるダメージを避けるため、日焼け対策を徹底するよう指導されます。

レーザー照射から肌が回復するまで一般的に2週間かかると言われていますが、その間に日焼けをしたり無理にかさぶたをはがすなどの刺激を与えると、その部分で色素沈着が起こり、シミ治療が無駄になってしまいます。

レーザー治療が効きづらいシミ

レーザー治療ならどんなシミでもきれいに除去できると思っている人もいるかもしれませんが、シミの種類によっては、レーザー治療が有効ではなかったり、レーザー照射によって悪化してしまうシミもあります。

中でも、30代から40代の女性に発生することの多い肝斑は、輪郭のはっきりしないうすい褐色が特徴のシミですが、肝斑に出力の強いレーザーを照射すると、刺激が強すぎてシミが濃くなることがあります。

シミ取りレーザー治療は、シミや肌の状態を診察してから適切な治療が選択されますが、レーザー治療が有効なシミと肝斑とが混在している場合もありますから、正しく診察・治療してもらえるクリニックを選ぶことが大切です。

シミの状態によっては複数回の通院が必要

シミの種類によっては、レーザー照射が有効でないものもありますが、1回の照射で効果が見られなくても、何度か通院して治療を受けることで、効果が見られる場合があります。

一般的に肝斑にはレーザー照射が適切でないとされていますが、ごく弱い出力のレーザーを照射して、メラニンを作り出すメラノサイトを刺激することなく、少しずつメラニンを破壊していくレーザートーニングと呼ばれる方法が有効であると言われています。

レーザートーニングは、出力がマイルドであるため、効果が見られるようになるまで、何度か通院して治療を受ける必要があります。目安となる回数は、2週間おきの治療を10回程度行うことが多いようです。

また、角質層のメラニンが原因となる通常のシミと異なり、太田母斑や後天性真皮メラノサイトーシスといった皮膚疾患では、皮膚の深い層である真皮にメラニンが発生するため、除去するためには、3か月から6か月の間隔で回数をかけて治療を続けていきます。

万が一のトラブルの際は専門家に相談を

美容クリニックなどの医療機関で行われるシミ取りレーザー治療は、エステサロンの契約と異なり、特定商取引法の適用外となるため、クーリング・オフができませんから、いったん契約すると、返金や解約が難しい場合があります。

また全国の消費生活センターでは、レーザー治療後に炎症や化膿が起こり、跡が残ってしまったなどのトラブルも報告されています。万が一このようなトラブルが起こってしまった場合は、まずは治療を受けた医療機関で診察・治療を受けましょう。

それでもトラブルが解決しない場合は、一人で悩まず、専門機関に相談することができます。国民生活センターや、各市町村に相談窓口のある消費生活センターでは、返金や解約に関して、専門の相談員が対応してくれます。

また、レーザー治療のような医療行為は、患者側が証拠を立証するのが難しいため、弁護士に相談するのも解決策の一つです。

まとめ

シミ取りレーザー治療を受けたのに、シミが取れない場合、可能性が高い原因として、炎症後色素沈着の発生やアフターケアの不備、レーザー治療が有効でないタイプのシミであったなどの点が考えられます。炎症後色素沈着であれば数か月で自然に消える場合がほとんどですから、刺激を与えないように様子を見ましょう。

また、術後のケア方法については、レーザー治療を受ける前に説明があるはずですから、きちんと確認しておくことが大切です。シミ取りレーザー治療を受けて、万が一、やけどや跡が残るようなトラブルに合った場合は、ますは治療を受けたクリニックで診察・治療を受け、解決しない場合は、消費者センターや弁護士に相談しましょう。