紫外線などによるダメージや加齢によって発生するシミの多くは、老人性色素斑と呼ばれるもので除去するにはレーザー治療が効果的であることが知られています。

しかし、シミの種類は1つだけではなく発生要因や見た目の特徴によっていくつかのタイプに分類できるのですが、他の種類のシミにもレーザー治療が有効に働くのでしょうか。

そこで老人性色素斑にレーザー照射が作用する仕組みや他の種類のシミの除去にも効果があるのかどうかについて調べてみました。

老人性色素斑はメラニンが表皮部分に多く留まった状態

老人性色素斑はシミの中でもよく見られるもので、主に紫外線を浴びたダメージの蓄積によって発生します。数日の間に浴びた紫外線だけではなく、過去に浴びた紫外線による影響が、年齢を重ねた数年後に褐色のシミとなって現れるため、老人性色素斑という名称になっていますが、早い人では20代後半から見られることもあります。

一般的には40歳前後から現れやすくなり、紫外線が当たりやすい頬やこめかみ、二の腕や手の甲に多く見られます。老人性色素斑は、肌の角質など表皮部分に存在する多量のメラニンが、排出されずにとどまった状態ですが、メラニンが過剰に生産される原因の一つが紫外線です。

紫外線を浴びると皮膚の一番奥にある基底層でメラノサイトと呼ばれる細胞が活性化し、シミの色素であるメラニンを生産して紫外線が皮膚に奥に届かないようにブロックします。

これは、紫外線の影響によって細胞内のDNAが傷付いて細胞が死んだり癌化するのを防ぐためと考えられています。

作られたメラニンは、皮膚のターンオーバーによって、最終的に皮膚表面に到達し、角質と共に剥がれ落ちるのですが、慢性的に紫外線を浴び続けていたり、新陳代謝の低下など内的要因のためにターンオーバーが滞ると、皮膚内部にメラニンが存在し続ける状態になり老人性色素斑となります。

一度できてしまったシミを除去するには、メラニンを多く含む細胞が除去し、メラニンの少ない新しい細胞が表面に現れるようにします。

皮膚のターンオーバーは、通常1か月程度かかりますから、美白化粧品などを使っても、目に見える効果を得るには数か月単位の長い期間が必要になります。

また、老人性色素斑ができて数年経過したものは、表面の角質が厚くなってざらざらしていたり、盛り上がってイボのようになっていることがあります。このようになってしまうと、自然に消えるのは難しいと言われています。

老人性色素斑にレーザーが作用する仕組み

老人性色素斑を除去する方法として、効果が高いと言われているのが、レーザーを用いた治療です。代表的なものがQスイッチルビーレーザーと呼ばれるもので、アザの治療用に開発され、シミやアザの部分にのみ作用して、周囲の組織を傷つけないので安全性の高い方法として知られています。

ルビーレーザー光の波長は694nmで、黒色や茶色のメラニンによく吸収され、レーザーを吸収したメラニンは、レーザーの持つ熱エネルギーによって膨張して破壊されます。

破壊された部分は、傷跡のようにじゅくじゅくした状態から、通常1週間以内にかさぶたになります。かさぶたの下ではシミのないきれいな肌が形成され、かさぶたが自然に剥がれると、新しい皮膚が表面に現れます。

盛り上がったシミに対しては、炭酸ガスレーザーでの治療が一般的です。ルビーレーザーが黒色に吸収される光であるのに対し、炭酸ガスレーザーは水への吸収率が高い波長の光が特徴です

ルビーレーザーと同様、レーザーが吸収される過程で発生する熱によって組織を破壊して、シミの盛り上がった部分を削り取ります。

炭酸ガスレーザーには、照射した組織を収縮、脱水させる作用があり、傷跡から出血することなく治療ができます。治療後は、シミのあった部分がややへこんだ状態ですが、数週間から数か月かけて周囲の部分が盛り上がってきて、自然と目立たなくなります。

レーザー治療が有効なシミ

Qスイッチルビーレーザーは、老人性色素斑の治療に代表的な方法ですが、黒色から茶色の濃さを持つ、盛り上がりのないアザやそばかすのほとんどに有効です。

皮膚の深い部分の層である真皮にまで届くので、太田母斑など先天性のシミやタトゥーの除去にも使用されることがあります。盛り上がったシミに用いられる炭酸ガスレーザーは、シミだけでなく、1cm以下のほくろやイボの除去に使用されています。

肝斑にレーザー照射は逆効果

レーザー治療は、老人性色素斑のほか、ソバカスやいぼ、太田母斑など様々な種類のシミに有効ですが、肝斑への照射は行われません。肝斑は頬や額に左右対象に発生し、薄い褐色で輪郭がぼやけたシミで、女性ホルモンが影響して発生すると言われています。

30代から40代の女性に多く見られ、妊娠やピルの服用によって発生することもありますが、閉経とともに消えていくという特徴があります。

また、他の種類のシミと違って、Qスイッチルビーレーザーなどの高出力のレーザーでは刺激が強すぎて、症状が悪化してしまうことが知られています。

肝斑の治療には、トラネキサム酸などの内服薬のほか、ごく弱い出力のレーザーを均一に照射して、メラニンを少しずつ減らしていくレーザートーニングと呼ばれる方法もあります。

シミに悩んでいる人の中には、老人性色素斑と肝斑が混在している場合がありますから、レーザー治療を受ける場合は、まず肝斑を治療してから老人性色素斑へレーザー照射を行うのがよいでしょう。

まとめ

過去に浴びた紫外線によるダメージの蓄積によって発生する老人性色素斑は、メラニンをピンポイントで破壊するQスイッチルビーレーザーによる治療が有効であることが知られています。

Qスイッチルビーレーザーは老人性色素斑以外にも、先天性のアザである太田母斑の除去に使用される方法ですが、同じシミでも肝斑への照射は刺激が強すぎて悪化する恐れがあるため、レーザー照射による治療は行われません。

肝斑には、内服薬や外用薬による治療のほか、ごく弱い出力のレーザーを少しずつ照射するレーザートーニングという方法があります。