シミは一度できると自然にはなかなか消えてくれませんから、シミを薄くするために何か対策をしたいという人がほとんどだと思います。

そこで市販の化粧品や普段の食事などで手軽にできるケア方法の他、皮膚科などの医療機関でできる治療方法について調べてみました。

美白化粧品によるケア

シミを発見してからすぐにできる対策として、市販の美白化粧品を使ってケアをするという方法があります。加齢や紫外線が原因で発生する老人性色素斑や、ぼんやりとした褐色のシミが特徴の肝斑には、美白化粧品によるケアで、シミを薄くする効果が期待できます。

さて、ドラッグストアや、スーパーなどの化粧品売り場に行くと、美白化粧水やシミ取りクリームなど様々なスキンケア製品があって、どれを選べばよいか迷ってしまうこともあるでしょう。

そのようなときは、厚生労働省が認可した美白成分を配合した製品である、医薬部外品を選ぶのがおすすめです。このような美白成分として、ビタミンC誘導体やアルブチン、トラネキサム酸などがあります。

医薬部外品とは、厚生労働大臣の認可を受けた製品で、特定の成分を規定の量配合した上で、その効果が認められたものです。
医薬品よりも作用がゆるやかであるため、必ずしもシミを薄くすることができるわけではありませんが、一定の効果が期待できるのではないでしょうか。

食べ物・サプリメントによるシミ対策

即効性はありませんが、普段の食事から摂取する栄養素に注意することで、シミのできにくい肌への改善が期待できます。

ビタミンC・・・パプリカ、トマト、緑茶など

メラニンの生成を抑えたり、できたメラニンを還元してシミの色を薄くする効果があるほか、コラーゲンの生成を促したり、皮脂の分泌量をコントロールしてニキビを防ぐなど、肌にうれしい成分です。
水溶性で体外に排出されやすいため、こまめに摂取する必要があります。

ビタミンB2・・・牛・豚レバー、乳製品など

新陳代謝を促して肌のターンオーバーを正常化させることで、表皮に留まったメラニンを排出してシミを薄くする効果が期待できます。

医療機関での薬による治療

老人性色素斑や肝斑、虫刺されやニキビ跡などの炎症性色素沈着などのシミで、市販の美白化粧品で効果が得られなかった場合、皮膚科や美容クリニックなどの医療機関を受診して処方される薬で改善できるかもしれません。
皮膚科などで処方される薬には、シミの部分に塗る外用薬と内服薬があり、代表的なものとして、以下のような薬があります。

外用薬

基本的に朝と夜の1日2回の塗布を1~3か月程度続けます。刺激の強い薬もあるので、薬の説明をよく理解して正しく使用することが大切です。

ハイドロキノン

シミの原因となるメラニンの合成を抑制する作用があり、アルブチンやコウジ酸といった美白成分の10~100倍の美白効果があると言われています。
また、高い還元作用があり、すでにあるメラニンを還元してシミを薄くする効果も期待できます。
ただし、刺激が強いため、人によってはかぶれたり赤くひりひりしたりするといった副作用が見られることがあります。
また、ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化してデキルベンゾキノンという物質は、毒性が強く危険であるため、必ず使用期限を守るようにしましょう。
さらに、ハイドロキノンは、紫外線の照射によっても酸化してしまうので、使用中は入念な日焼け対策が必要です。

トレチノイン

ビタミンA誘導体の一種で、表皮細胞の新陳代謝を促して、肌のターンオーバーを正常化させる働きがあります。

このため、表皮の深い部分にあるメラニンを表面に押し出して、古い細胞とともに除去することで、きれいな皮膚に置き換えることで、シミを薄くする効果が期待できます。

このほかにも、真皮のコラーゲンの生成を促したり、皮脂腺の活動を正常化させる働きがあるので、ニキビやシワの治療薬としても広く使用されています。

注意する点としては、治療中に古い角質が剥がれることがあるので、水分が蒸発して肌が乾燥したり、外部の刺激に敏感になります。
このようなときは、医師の指示に従って、保湿液や日焼け止めクリームなどで適切なケアを行いましょう。

内服薬

シミの種類によっては、内服薬が有効である場合があります。ビタミン類の内服薬は、保険の適用が可能なものもあるので、医療機関で相談してみましょう。

トラネキサム酸

シミの原因となるメラニンの生成を阻害したり、炎症を抑える効果があり、厚生労働省から美白成分として認定されている成分です。

特に肝斑の治療に対して有効で、2か月程度毎日服用することで改善効果が見られるようです。
トラネキサム酸は、もともと止血剤として使用されており、血栓を溶けにくくする作用があるため、心筋梗塞や脳梗塞などを起こす恐れのある人は、医師や薬剤師に相談した上で服用しましょう。

ビタミンC

高い抗酸化作用があり、シミの元になる活性酸素を取り除いたり、メラニンに働きかけてシミの色素沈着を防ぎます。
レーザー治療と並行して服用したり、トラネキサム酸など他の内服薬と併用すると相乗効果が得られるとして処方されることもあります。

医療機関でのレーザー治療

短期間で確実にシミを薄くしたい場合や、内服薬や外用薬が効きにくいシミには、レーザーによる治療が適しています。
老人性色素斑のほか、遺伝性のそばかすや盛り上がったシミなど様々な種類のシミに対して有効で、1cm程度のシミなら10秒程度の施術で終わります。

レーザー照射後は、患部にかさぶたができるので、軟膏を塗ったり、絆創膏を貼って保護し、施術後2週間ほどでかさぶたがはがれると、シミのないきれいな肌が現れます。

ほとんどのシミに対して有効ですが、肝斑の場合は、レーザー照射によってシミが濃くなる場合があるので、適切に診断できるクリニックで治療を受けましょう。

まとめ

美白化粧品を選ぶなら、厚生労働省が認可した美白成分を含む医薬部外品がおすすめです。さらに、普段の食事でも、ビタミンCやビタミンB2を含む食べ物を意識的に摂取することで、シミ対策を行うことができます。

医療機関では、セルフケアよりも即効性や確実性が高い治療を受けることができ、外用薬や内服薬、レーザーによる治療が一般的です。